【ナオライ瀬戸内通信】オリーブの植樹と小さなセレモニーを行いました

皆さんこんにちは。久比・三角島では長い梅雨が明け、ようやく畑に出られるようになりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

先日、久比にロングステイやワーキングホリデーで来てくれている皆さんが、ナオライの古民家・寺尾邸の庭にオリーブを植樹してくれました。久比・三角島での日常をお送りしているナオライ瀬戸内通信第8回目では、オリーブを植える前に開かれた小さなセレモニーと植樹の模様をお伝えします。

フランス人ご一家の娘さんの誕生日祝樹として

これまで何度かナオライ瀬戸内通信の記事にさせてもらっている、久比にロングステイ中のフランス人ご一家の末娘さんが先日お誕生日を迎えました。彼女にナオライからオリーブの樹をプレゼントしたところ、この樹を大切なイベントとして寺尾邸の庭に植えたいと言ってくれました。

※ご家族について書かせてもらった以前の記事はこちら。
【ナオライ瀬戸内通信】国内外から農業体験者が集う地へ
【ナオライ瀬戸内通信】古民家の裏にある畑が生まれ変わりました

植樹の参加者はご一家と、台湾からのワーホリで久比に来てくれている男性の7人。今回私はイベントに参加出来ず残念に思っていたところ、なんとフランスの民族衣装を身にまとったご家族が家まで訪ねて来てくれ、開会の辞を聞かせてもらうことが出来ました。


民族衣装を身に纏ったご一家

オリーブの樹は「太陽の樹」

ご一家のお父さん曰く、オリーブの樹は平和と勝利を意味するヨーロッパの神聖な樹で、日本で言う稲荷のような農業と産業の神としても知られているようです。他にも、野生のオリーブの樹は太陽神アポロの聖樹であることや、日本の太陽神はアマテラスであることなど、オリーブや神様に纏わることをたくさん教えてもらいました。
そして最後には、「ナオライの庭にオリーブの樹を植えることは、日本の土地と私たちの魂に今なお生きているヨーロッパの古代の神々とのつながりの象徴です。」といった嬉しいお言葉もいただきました。


植樹風景

もう少しでご家族や台湾男性のステイも終わりです。すっかり久比での生活に馴染み、地域の方々とも打ち解けられている様子の皆さんが帰国されるのはとても寂しいですが、今回皆さんが久比で過ごしてくれた時間を”形”として残すことが出来て良かったと思います。末娘さんの成長と共に、オリーブの木が地に太い根を張り、豊かな葉や沢山のオリーブを実らせてくれる日が、今から待ち遠しいです。

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】古民家の裏にある畑が生まれ変わりました

みなさんこんにちは、三角島レモンガーデンはすっかり夏の陽射しに包まれていますがいかがお過ごしですか?

瀬戸内チームの久比・三角島での日常をお届けするナオライ瀬戸内通信。以前のvol.4の記事(【ナオライ瀬戸内通信】国内外から農業体験者が集う地へ)で、久比にロングステイされているフランスのご家族が、ナオライの拠点の一つである古民家・寺尾邸の庭で畑作りをされている様子をご紹介しました。

今回のvol.7の記事ではその畑がご家族の毎日の努力が実って、現在素晴らしいものになっている様子を皆さんに公開したいと思います!

古民家裏の畑が見事に生まれ変わりました


Before(5月中旬頃)
こちらが以前ご家族が久比に来られた当初、畑の下準備のために庭の草刈りをしている様子。当初は雑草だらけだった畑が一掃されたことに私たちはとても驚きました。


After(6月22日時点の畑の様子)
その畑も今ではラディッシュやほうれん草、ズッキーニ、とうもろこしや小松菜、バジル、インゲン豆などが元気に育つパワフルな畑になりました!

ご家族から学ぶ、毎日の暮らし方

ご家族は毎日早朝と夕方に野菜の水やりや草抜きに畑へ訪れ、作業が終わったらとれたての野菜でご飯を作り、残った野菜の切れ端などはコンポストにするという、循環型・自給自足の生活を実現されています。驚いたのは、農薬を全く使用していないため野菜にたくさんついている青虫を、子どもたちが葉を一枚一枚注意深く観察して、見つけては遠くに連れていくというとても根気の必要な作業を毎日続けているということ。一日に100匹以上の青虫を捕獲することも珍しくないそうです。

また、早朝に野菜の苗周りの草を抜いていく作業をお手伝いさせてもらった際には、全ての雑草を抜くのではなく日当たりの観点で野菜の成長を邪魔するもののみを抜き、後の雑草はそのまま生やしておけば、土の湿度の保持や、雨で土が流出するのを防ぐことが出来るということを教えてもらいました。ご一家は、早朝の涼しくて静かな時間帯の畑の雰囲気がとても気に入られているようで、私自身も朝方の涼しい気候の中で朝露と土を触りながら雑草を抜いていく作業はヨガをしているみたいな感覚で、とてもいい一日の始まりになったと感じました。

早朝や夕方など、自分たちに負担が掛からない時間帯に作業をしたり、見た目のために全て抜いてしまいそうになる雑草も畑作りに生かすご一家の畑のスタイルには無駄がなく、自然と人が調和するような畑を目指しているナオライにとって学ぶことがたくさんあると感じています。

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】夏場の畑に向けた雑草対策

みなさんこんにちは、三角島レモンガーデンにはすでにレモンの実が成りはじめていますが、いかがお過ごしでしょうか?瀬戸内チームの久比・三角島での日常をお届けしているナオライ瀬戸内通信vol.6。今回の記事は夏場の畑に向けた雑草対策のお話です。

夏は毎日が”雑草との戦い”

まだ夏場の畑を体験したことのない私ですが、地元の農家さんが口を揃えておっしゃるのは、「夏場はとにかく雑草との戦い」だということ。どんな雑草と格闘しているかというと、主にはセイタカアワダチソウという上に向かって高くまっすぐ伸びる性質の雑草や、野葡萄やヘクソカズラという他の植物に巻きつくことで上へ上へと成長していく蔓系の雑草たちが挙げられます。セイタカアワダチソウがレモンの木の周りに生えて木の高さよりも成長すると日当たりが悪くなったり、野葡萄が枝に巻きついてすごい威力で枝を締め付けてしまうと幹が傷んでしまったりと、雑草の蔓延は最終的にレモンの木が枯れてしまうことにも繋がります。


手前に見えるのがレモンの木を覆ってしまっているセイタカアワダチソウ

また、ナオライのオーガニックレモンガーデンでは、土の中の微生物など畑に住む生き物が生き生きと活動出来るような環境でレモンを育てたいという想いから、除草剤を使用していません。そのため畑は雑草が多く茂っていますが、これはレモンの木にとってあまりいい状態とは言えません。雑草が生えていることで地面が乾燥せず湿度を保つことができるという良い面もあります。しかし、まだまだパワーの少ない苗木だけでも雑草から守る必要があるため、今回は土壌改良の効果もあるクローバーの種を苗木の根元周りに撒いてみることにしました!

クローバーが雑草対策や肥料に!!


去年の苗木周りの様子。苗木の周りをクローバーが覆っている

クローバーは緑肥とも言われていて、植物の栄養になる窒素を多く含んでおり刈って土に混ぜ込めば天然の肥料になります。またクローバーはセイタカアワダチソウなどと違ってある程度の高さまでしか成長せず、仮に苗木の成長の邪魔になることがあっても簡単に踏み倒したり、少しの力で除去することができるため、レモンの木にとっても嬉しく、作業する人もかなり楽になります。


今回撒いたクローバーはニュージーランド産のホワイトクローバーという種類

現在、種まきをして一週間経たないうちにクローバーの芽が出てきています。これから地面がクローバーで覆われていくのがとても楽しみです。クローバーの他にもハーブを苗木周りに植えることで、作業中に地面を足で踏んだ時にハーブの香りが広がったり、休憩にハーブウォーターが作れたりなど、レモンの木も快適に育つことが出来ると同時に、農作業をしている側の楽しみがたくさんあるような畑にしていきたいなと思います。

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】三角島の「間借りハーブ園」が完成しました。

皆さんこんにちは。
日差しも強まり、いよいよ夏が近づいてきましたが、いかがお過ごしですか?
ナオライ瀬戸内チームの久比・三角島での日常をお届けするナオライ瀬戸内通信も5回目の連載になりました。

今回の記事では、4月7日に畑でユーフォニアムお花見ライブ(以前のvol.3の記事でその様子をご紹介しています。)を開催した際、参加者の方々から頂いた支援金でハーブの苗25本を購入し、三角島オーガニックレモンガーデンにある間借りハーブ園へ植えた模様をお伝えします。

三角島オーガニックレモンガーデンにハーブの苗を植えよう!

4月7日に開催した丸子有美さんのユーフォニアムお花見ライブで頂いた支援金を、何か形に残るものにしたいという丸子さんの想いからハーブの苗25本の購入費用に当てさせていただきました。植える場所は三角島オーガニックレモンガーデンの一角にある丸子さんの栽培スペース、「間借りハーブ園」。丸子さんが月に一回久比・三角島を訪れては、少しずつ温めてきたスペースです。


今回植えるハーブの苗たち。無農薬で育てられたものを取り寄せました。

苗の種類はミントやレモングラス、セージから始まり、カルドン、ゴールデンオレガノなど、聞いたことの無いハーブの種類がたくさん。どれも本当にいい香りです。また、セージは蚊除けの効果が期待されるので、これからの季節にぴったりですね。


購入した苗の他、梶岡さんのオーガニック畑「むすび広島みかん園」のミントも移植しました。

未来のハーブ園を様々なコトが起きる場所に

作業中は、いつかハーブが増えてきたらハーブの苗の交換会を開催したい、など間借りハーブ園の将来について想像が膨らみます。喉が乾いたら久比盛り上げ隊の梶岡さんに持参いただいた甘夏で甘夏休憩をしたり、畑に梅が成っていることに気がついて梅干や発酵シロップを作るべく収穫したりと、ちょっとした楽しい出来事を経て、あっという間にハーブ園が完成しました。

丸子さんをはじめ定期的に三角島に関わってくれる方や、イベントに興味を持って足を運んでくださる方々と一緒に三角島オーガニックレモンガーデンを完成させていく過程を本当に嬉しく思います。

現在、三角島オーガニックガーデンで秋のユーフォニアムライブが開催出来ないかを計画中です。季節によってガラリと雰囲気の変わる畑でのライブを楽しみにお待ちください。


左から梶岡さん、丸子さん、筆者の小田で記念撮影

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】国内外から農業体験者が集う地へ

皆さんこんにちは。日中暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?最近の瀬戸内チームですが、嬉しいニュースがありました。なんとロングバケーションで農業体験のため久比へ、フランス人ご一家が来てくださいました!

瀬戸内チームの久比・三角島での日常をお届けするナオライ瀬戸内通信vol.4となる今回の記事では、最近国内外から色んな方々が久比や三角島に農業体験に来られていることについてご紹介します。

住み心地の良い環境を求めて久比・三角島の地に

フランスから久比にロングバケーションでいらしているご一家がいます。お子さんの将来や健康を考え、住み良い地で完全オーガニックの生活がしたいという思いから、今までにフランス、ノルウェー、ポルトガル、ドイツ、イタリア、チリなど様々な地を巡られているそうです。


フランスからお越しのご一家

今回ご一家は農業の他に、久比での生活や地元の方々との関わりを通し、日本の文化や生活の知恵、東洋の精神性を学びたく久比という地を選ばれたそうです。
毎週金曜日にはご家族の元に、瀬戸内にも拠点を置きナオライと一緒に無農薬で柑橘栽培を進める京都の八百屋さん「坂ノ途中」から無農薬の野菜が届きます。
ご一家は元々空き家だったお家に住み、畑を一から耕してオーガニックの野菜を育てるべく、お家の掃除や畑の準備をものすごい速さで進められています。

〜ご一家が一週間久比に住まれての感想〜
「久比に来た時、皆さん親切にご案内してくれました。ここの生活は本当に面白いです。また畑でレモンを取るのは楽しかったです。」


農作業で汗を流した後は、皆で食卓を囲んで団欒

色々な形で久比・三角島オーガニックガーデンに関わってくれる方々を募集中

ご一家の他にも4月末から半年間久比に滞在をし、将来自国でお店を開きたいと考えている台湾出身の若者や、日本を一人旅中に約10日間農業体験に来てくれたフランス人男性など、最近久比・三角島へ農業体験に足を運んでくれる方が続々と増えてきているように思います。
無農薬栽培に興味がある人、ものづくりが好きな人や日本の文化に興味がある人など色んな目的を持っている方々が畑に入ってくれることで、畑がパワーをもらい、生命力が溢れるレモンが実るような気がしています。

今回の記事で紹介した長期滞在型の農業体験から始まり、休日のみ畑を耕しに久比に足を運ぶ、いわゆるアーバンファーマーのような形まで、それぞれに合った形で久比・三角島の畑に関わってくれる方が増えてくれたらいいなと思います。農業体験に興味のある方はぜひ一度久比・三角島に足を運んでみてくださいね。一緒に久比・三角島のオーガニックガーデンを増やしていきましょう。

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】オーガニックレモン・柑橘畑でお花見ライブ

みなさんこんにちは。
久比・三角島のオーガニックレモンガーデンでは草が元気よく伸びてきて、すっかり夏らしくなっております!みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

久比・三角島での日常をお届けするナオライ瀬戸内通信vo.3では、先日4月7日に三角島の対岸久比の「オーガニック畑・むすび広島みかん園」にて開催したお花見コンサートの模様をお伝えさせていただきます。

オーガニックのレモン・柑橘畑でお花見ライブ
(主催:久比盛り上げ隊/ナオライ)

4月7日、ナオライとともにレモンの無農薬栽培を進める梶岡さん(久比盛り上げ隊)のオーガニック畑・むすび広島みかん園にて、お花見ライブを開催しました!

演奏者はユーフォニアム奏者の丸子有美さん。三角島オーガニックレモンガーデンの一角でハーブを育てられています。

当日会場には21名の方に足を運んで頂き、爽やかな風が吹きわたる空の下、桜に見立てたピンク色のアーモンドの花のすぐそばで演奏会がスタートしました。


撮影:小林増也さん

ユーフォニアムの美しい音色を生きとし生ける全てのものへ

今回のお花見ライブは、来ていただいた方に丸子さんの美しいユーフォニアムの演奏をお楽しみいただくことはもちろん、畑のレモン・柑橘などの植物、土の中に住む小さな微生物たちにまで音色を届けたい。そんな思いで、丸子さんをはじめ梶岡さんやナオライが何ヶ月も前から企画し、やっと実現されたものです。

お花見ライブは以下の第三部から構成されています。

第一部 
美しいユーフォニアムの演奏を、時に一緒に歌いながら味わいます。
第二部 
MIKADO LEMONで乾杯後、参加者の皆さんにお持ち寄りいただいた食事と演奏を楽しみます。
第三部 
畑に響き渡るユーフォニアムの音色を聴きながら畑になる無農薬の甘夏を収穫体験します。

風によって木々のかすれる音や鳥の鳴き声などの自然の音を交えながら聴くユーフォニアムの音色。それは演奏会場で聴く音色とはまた雰囲気が違い、とても自然に耳に入ってきて、心地の良い気分にさせてくれるものでした。

選曲も畑にぴったりな「みかんの咲く丘」をはじめ、大人から子供までが知っている曲ばかりで、みなさんとても楽しんでいただけたようです。

久比谷(Kubi Lemon Valley)や三角島のオーガニックレモンガーデンに住む地中の微生物たちにとっても本当に気持ちいい時間になったのではないでしょうか。
第2回目の畑の上でのコンサートもぜひ実現したいものです。


梶岡さんの営まれるオーガニック畑・むすび広島みかん園にて

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】新しいレモンたちが仲間入りしました

皆さんこんにちは。久比・三角島は桜に芽が出始め、だんだんと夏らしい雰囲気になってきました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

前回のナオライ瀬戸内通信では肥料と微生物について書かせて頂きました。第二弾目となる今回はレモンの苗木を久比・三角島に植えたことについて紹介させて頂きます。

新たに約130本のレモンの木が久比・三角島へ

4月1日〜3日にかけて、地元の無農薬農家の方々やナオライ瀬戸内ガーデンに興味を持ち、足を運んでくださった方々との協同作業により、三角島に75本、対岸の久比には53本のレモンの木を新たに迎えることができました!


三角島にあるオーガニックレモンガーデン

苗木の植え付けは私たちにとって初めてのことだらけで、苦戦したこともありましたが、今回の作業を通して色々な発見があったので皆さんにご紹介出来ればと思います。

レモンの苗植えの一連の流れ

今回植えたレモンは愛媛県今治市にある明正農園さんと、三角島対岸の久比の柑橘農家さんから購入させていただいたもの。一般的なレモンの苗木よりも根が細やかに張り巡らされており、丈夫な木に育つことが期待されます。

この苗を植える工程は主にこちらの5つ。
1.苗木の掘り出し(元々植わっている場所からスコップやクワで苗木を取り出す)
2.苗木用の穴を掘る
3.定植(掘った穴に苗木を植える作業) 
4.水やり
5.苗木を竹刺しと紐で固定する

以下で順を追って紹介をしていきたいと思います。

苗木の掘り出し作業


地元久比で苗木を堀り出している様子。こちらの苗木は寒さに強いと言われているフロストユーレカという種類のレモン

苗木の掘り出し作業ではなるべく途中で根がちぎれないように苗木を取り出すことが理想ですが、想像しているよりも根はずっと長く、苗木同士と絡まるように広がっているため綺麗に取り出すのは至難の技。

また苗木の根は乾燥によって傷んでしまうため、作業中は根が乾燥して傷まないように水を含ませた新聞紙に包んで日陰に置いたり、水をかけたりと常に水分状態に気を配ります。

穴掘り、そしていよいよ定植へ

他にも穴掘り作業では地中で伸び伸びと根を広げることができるよう、それぞれの苗木の根の形に合わせながら大きく深い穴を掘っていきます。

植え付けの際は苗木の白根と呼ばれる根の細かい部分までほつれをほどき、元々植わっていた状態を再現するように根を広げ、土を被せていきます。


苗木を植えている様子

仕上げに地中の根深くまで水が届くよう、根元だけでなく根の広がる周辺も意識してたっぷり水やりを行い、仕上げに日差しで水分が飛ばないように刈り草を根元に被せておきます。

体力と根気のいる作業ではありますが、苗木を土から綺麗に取り出せた時の達成感や、植えられている苗木に元気に育つように念じながら水をかけていく作業は楽しくもありました。

今回植えたレモンの苗木が成長し、元気に実をつけた姿を皆さんに早くお見せ出来ればと思います。

ライター紹介

小田 日奈

瀬戸内チームにてレモンの栽培・加工を担当。広島市立大学の芸術学部油絵科を卒業後、農業と美術に繋がりを感じ、4月からナオライに入社。農業の傍ら久比のアトリエにて制作中。

【ナオライ瀬戸内通信】畑の微生物を活かした土壌づくりにむけて

ナオライ瀬戸内通信の連載を開始します

皆さんこんにちは!本日よりナオライ瀬戸内チームから、久比・三角島での農業の様子や生活の様子を連載いたします!どうぞよろしくお願い致します。

3/20㈫に三角島の対岸にある久比(くび)の無農薬農家さん3組と放線有機肥料を共同購入しました。毎年この時期に一年分の有機肥料が浜松から届きます。今回ナオライは約102俵の放線肥料を購入させていただきしました。


浜松から大量の有機肥料が届いた時の様子

放線有機肥料とは、有機肥料の中に放線菌を混ぜ込み、発酵させた肥料です。放線菌が有機肥料の中に入ることで、有機肥料が発酵し、発酵の過程で「窒素」が発生します。それにより一般的な肥料よりも窒素分が多い肥料が出来上がります。

窒素は植物の生育や肥大に必須なアミノ酸を構成する要素であるため、この肥料を畑に撒くとアミノ酸が豊富で良質な土壌が出来上がり、畑の生物たちも元気になります。

有機肥料で栄養たっぷりの土壌づくりを

三角島で運営しているオーガニックレモンガーデンでは、肥料を畑にまくことは、土壌に住む微生物たちの餌やりという意識で行っています。微生物たちが元気に活動すると、土壌が良くなり、良いレモンが育つといった好循環が生まれるためです。

微生物や菌など小さな生命の力が最大化されるような醸された畑ができるよう、これからも頑張っていきます!

ライター紹介

原 大地

瀬戸内チームにて農泊事業を担当。出身の島根県を盛り上げたいという想いから地域活性化に関心を持ち、2018年3月よりナオライ株式会社でインターンシップを行なっている大学三年生。