【メディア掲載】シンガポール航空の機内誌 Silkwindsに掲載されました

シンガポール航空の機内誌Silkwindsに、三角島でのレモン栽培の様子やMIKADO LEMONが掲載されました。今回取材をして頂いたのは、三角島も位置する大崎下島に御在住のTom Miyagawa Coultonさん。Tomさんの書く文章と写真家Nandin Yuanさんの撮る写真が、三角島やMIKADO LEMONをとても魅力的に伝えてくれています。


三角島レモン栽培メンバーで乾杯! direction by Tom Miyagawa Coulton, photo by Nandin Yuan


9月時点で収穫されたレモン。 direction by Tom Miyagawa Coulton, photo by Nandin Yuan

特集タイトルは「Lemons get a twist in Hiroshima」
本誌では弊社の他に広島県でレモンを始めとする柑橘類の栽培に携わっている人々の活躍が紹介されています。瀬戸内エリアでの柑橘栽培に興味のある方は、是非ご一読ください!

PDF版(p26~p32)はこちら
WEB版はこちら

【メディア掲載】HOTERES 9月22日号にMIKADO LEMONが掲載されました

週間ホテルレストランHOTERES 9月22日号にナオライ代表三宅とスパークリングレモン酒MIKADO LEMONが掲載されました。本誌では、日本酒の新たな価値の創出に挑戦している模様を取り上げて頂きました。



雑誌名:週間ホテルレストランHOTERES
発売号:9月22日号
雑誌概要:特集 日本酒でもてなす  顧客がつく酒のセールスプロモーション

\  中身を少し公開  /
「日本酒の新たな価値を想像したい」

スパークリングという酒質やボトルデザインなど、
MIKADO LEMONは従来の日本酒と異なるアプローチを意識して開発を進めてきました。

三宅) 日本酒のさらなる普及を目指すには、世界各国の人々が共通で楽しめる、和製高級酒ブランドの確立が必要だと考えました。

代表三宅が中国上海で日本酒マーケティングに携わった経験を元に、その理由を語ります。

時をためて、人と社会を醸すような酒造りへの挑戦

三宅) これからもブランドの存在意義を感じる酒造りをしていきたいです。

MIKADO LEMONは人・社会・自然が共生する大切さを表現することを目指すお酒です。
酒造りや自社農園で行うレモン栽培を通じて、その想いに至るまでの経緯も載せて頂きました。

リーガロイヤルホテル理事 料飲部 マスターソムリエ
岡昌治氏からもコメントを頂きました

最後に本誌掲載にあたり、リーガロイヤルホテル理事 料飲部 マスターソムリエ岡昌治氏から頂いたコメントを一部抜粋して紹介します。

岡氏)レモンミルクのような優しい味わいと共にベースである清酒の旨みとスパークリングの心地よい刺激が相まみれて柔らかな舌触りでのどを通り越してゆく。新しい感覚の日本酒の誕生に驚きを隠せない

このようなコメントを頂くことができ、大変嬉しく思います。
内容が気になる方はHOTERES 9月22日号を是非読んで見て下さいね♪

※MIKADO LEMONはこちらからお求め頂けます。